発行日 : 2010年12月13日

ウェザーニューズ、「みんなの冬の朝事情」調査結果発表

冬の朝は目覚めてから布団出るまで、全国平均13分

・冬の朝、布団から出るのが最も遅いのは鳥取県民、早いのは徳島・宮崎県民

・冬の朝、布団から出るのに最も必要なのは“気合”

・冬の朝の悩み、西~東日本は“部屋の寒さ”、東北は“雪かき”

・日本人の3人に1人が、冬の朝の醍醐味は“澄んだ空気”

・朝起きてから家を出るまで、男性よりも女性が20分以上遅い結果に

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、「冬企画」の一環として、12月6日(月)~12月8日(水)に行われた「みんなの冬の朝事情」の調査結果を発表しました。「冬企画」は、日本の冬を楽しく過ごしていただくために、全国のウェザーリポーターと共に、携帯サイトを通じて様々なテーマをもとに冬ならではの調査を行い、エリアごとに見られる文化や特性を全国の方と解き明かしていきます。今回は「みんなの冬の朝事情」というテーマで、全国のウェザーリポーターと共に11,452人(男性40%、女性60%)の有効回答をまとめた結果です。この調査結果は、ウェザーニューズの携帯サイトで公開すると共に、今後展開する予定の様々なサービスに活かしていく予定です。

冬の朝、目覚めてから起きるまで、全国平均13.3分

目覚めてから起きるまで

※都道府県ランキングは最終ページの参考資料に掲載

~布団から出るのが最も遅いのは鳥取県民、早いのは徳島・宮崎県民~
寒い冬の朝、全国の方が布団を出るまでにどれくらいの時間がかかっているのかを調査するため、「目が覚めてから、布団を出るまでの時間は?」との質問をし、回答してもらいました。その結果、全国平均で13.3分になりました。また、この結果を都道府県別にランキングにして見てみると、最も早かったのは、徳島県と宮崎県で11.0分、3位が山口県で11.3分、4位が福井県と奈良県で11.5分になりました。一方、下位は45位が広島県で15.7分、46位が熊本県で16.1分、最も遅かったのが鳥取県で16.6分でした。全国平均より早い都道府県をマップ上に表すと、西日本ほど布団を出る時間が早い傾向にあることがわかりました。特に、近畿では各地で平均より早いという結果になり、朝の時間を無駄にしないという県民性があるのかもしれません。反対に、北日本は北海道と東北で全国平均より遅いという結果になり、寒い北日本ほど、布団から出にくくなるようです。

冬の朝、布団から出るのに最も必要なのは“気合

布団から出るのに最も必要なの

「寒くてなかなか起きられない朝…布団から出るために一番必要だと思うことは?」との質問をし、“気合”“部屋を暖める”“目覚まし時計を増やす”“家族の協力”“血圧”“その他”から回答してもらいました。その結果、“気合”との回答が56%で半数以上になり、続いて“部屋を暖める”が33%と続きました。この結果をエリア別に見てみると、北海道と東北では、“部屋を暖める”が多くなり、氷点下の寒さが当たり前のエリアでは、“気合”よりも効率的な回答が多くなったようです。また、年代別に見てみると、10代は“家族の協力”が他の年代よりも多くなっており、年代での違いも見られました。“その他”では、“好きな音楽をかける”や“前日に予定を立てておくと比較的起きられます”などのコメントが寄せられ、布団を出るために、様々な工夫をしている様子が見受けられました。

冬の朝の悩み、西~東日本は“部屋の寒さ”、東北は“雪かき”

冬の朝の悩み

「冬の朝、一番困ることは何ですか?」との質問をし、“部屋が寒い”“雪かき”“霜(車の窓など)”“水が冷たい”“結露”“水道の凍結”“特になし”“その他”から回答してもらいました。その結果、“部屋が寒い”が48%と圧倒的に多く、続いて“霜(車の窓など)”が16%、“水が冷たい”が10%になりました。また、この結果を東北に注目して見てみると、“雪かき”が29%と、全国平均と比較して多くなり、3人に1人が雪に悩まされていることがわかりました。全国平均で2番目の困り事になっていた“霜(車の窓など)”は、東京都・神奈川県・大阪府では、他道府県に比べて占める割合が小さい結果になっており、交通手段が車よりも鉄道の方が多い大都市の特徴が表れたようです。さらに、男女別で見てみると、男性は5人に1人が“霜(車の窓など)”との回答をしたものの、女性は10人に1人程度にとどまりました。反対に、女性は10%が“水が冷たい”との回答をしたものの、男性は5%と少ない結果になりました。朝、家事をする女性、車で出勤する男性と、朝の生活スタイルの違いが見られました。“その他”の回答をした方からは、“子供、家族が起きない”や“服が冷たい”、“トイレが冷たい”などの悩みのコメントが多数寄せられました。

日本人の3人に1人が、冬の朝の醍醐味は“澄んだ空気

冬の朝の醍醐味

「冬の朝、一番好きなことは?」との質問をし、“澄んだ空気”“二度寝”“朝日・夕焼け”“ストーブにあたる”“冷たい空気”“あったか朝ごはん”“熱いシャワーを浴びる”“冬の服装選び”“特にない”“その他”から選んでもらいました。その結果、“澄んだ空気”が36%と最も多く、続いて“二度寝”が16%、“朝日・夕焼け”が14%になりました。この結果を都道府県別に見てみると、“朝日・夕焼け”の割合が高い県が太平洋側に集中しており、「冬晴れ」で朝日・夕焼けの率が高い太平洋側では、馴染み深い楽しみとなっているようです。また、“その他”の回答した方からは、“あったかコーヒー”や“コタツ”、“ザックリ踏む霜柱”、“クッキリ富士山”などのコメントが寄せられました。

朝起きてから家を出るまで、男性よりも女性が20分以上遅い結果に

朝起きてから家を出るまでの時間が早い
男女別都道府県ランキング
1位 佐賀県(47.1分) 徳島県(75.0分)
2位 奈良県(50.6分) 奈良県(79.4分)
3位 滋賀県(51.2分) 高知県(79.5分)
4位 沖縄県(52.1分) 大分県(80.8分)
5位 鳥取県(52.5分) 福岡県(83.1分)
43位 大分県(66.3分) 山梨県(92.2分)
44位 秋田県(66.5分) 群馬県(93.7分)
45位 富山県(67.4分) 山口県(94.2分)
46位 新潟県(68.9分) 島根県(96.3分)
47位 岩手県(69.5分) 鳥取県(99.1分)

「朝起きてから家を出るまで何分?」との質問をし、回答してもらった結果を男女別に比較してみました。その結果、女性の平均は87.2分、男性は59.9分になり、女性の方が男性よりも27.3分も遅い結果になりました。また、都道府県別に見てみると、男性で一番で一番早かったのは佐賀県で47.1分、続いて2位が奈良県で50.6分、3位が滋賀県で51.2分になりました。女性で一番は早かったのは、徳島県で75.0分、2位が奈良県で79.4分、3位が高知県で79.5分でした。女性で最も早かった徳島県は、男性で最も遅かった岩手県よりも遅く、やはり、朝の準備には女性の方が時間がかかるようです。また、奈良県は男女共に2位になっており、起きてから出かけるまでの時間をかけない方が多いようです。

【参考情報】

目が覚めてから、布団を出るまでの時間が早い、都道府県ランキング

順位 都道府県 時間 順位 都道府県 時間 順位 都道府県 時間
1位 徳島県 11.0分 16位 滋賀県 13.0分 32位 静岡県 13.9分
1位 宮崎県 11.0分 18位 三重県 13.1分 34位 新潟県 14.0分
3位 山口県 11.3分 19位 群馬県 13.2分 34位 長野県 14.0分
4位 福井県 11.5分 19位 岡山県 13.2分 34位 福島県 14.0分
4位 奈良県 11.5分 19位 福岡県 13.2分 37位 栃木県 14.5分
6位 和歌山県 11.9分 19位 富山県 13.2分 37位 香川県 14.5分
6位 佐賀県 11.9分 23位 山形県 13.3分 39位 大分県 14.6分
8位 鹿児島県 12.3分 23位 北海道 13.3分 39位 青森県 14.6分
9位 大阪府 12.4分 23位 岩手県 13.3分 41位 宮城県 14.8分
10位 京都府 12.6分 26位 茨城県 13.4分 42位 石川県 15.3分
11位 岐阜県 12.7分 26位 山梨県 13.4分 43位 長崎県 15.4分
11位 埼玉県 12.7分 26位 愛知県 13.4分 44位 高知県 15.5分
13位 東京都 12.8分 29位 島根県 13.5分 45位 広島県 15.7分
13位 兵庫県 12.8分 30位 神奈川県 13.7分 46位 熊本県 16.1分
13位 沖縄県 12.8分 30位 秋田県 13.7分 47位 鳥取県 16.6分
16位 千葉県 13.0分 32位 愛媛県 13.9分

朝起きてから家を出るまでの時間が早い男女別都道府県ランキング

順位 男性 女性 順位 男性 女性
1位 佐賀県 47.1分 徳島県 75.0分 24位 島根県 60.1分 岩手県 88.4分
2位 奈良県 50.6分 奈良県 79.4分 24位 和歌山県 60.2分 宮崎県 88.6分
3位 滋賀県 51.1分 高知県 79.5分 24位 埼玉県 60.5分 和歌山県 88.8分
4位 沖縄県 52.1分 大分県 80.8分 28位 広島県 60.6分 石川県 88.9分
5位 鳥取県 52.5分 福岡県 83.1分 28位 愛媛県 60.8分 岡山県 89.1分
6位 福井県 54.0分 北海道 83.3分 30位 神奈川県 60.9分 鹿児島県 89.1分
7位 岐阜県 54.3分 青森県 83.6分 31位 鹿児島県 61.3分 新潟県 89.2分
8位 群馬県 55.3分 福島県 83.9分 32位 福島県 61.4分 三重県 89.3分
9位 山口県 55.9分 宮城県 84.2分 32位 石川県 61.5分 静岡県 89.3分
9位 愛知県 56.7分 長崎県 84.3分 34位 東京都 62.1分 兵庫県 89.6分
11位 岡山県 56.8分 熊本県 85.3分 34位 徳島県 62.7分 茨城県 89.8分
12位 静岡県 57.0分 広島県 85.5分 36位 山形県 63.0分 山形県 90.4分
13位 兵庫県 57.0分 東京都 85.5分 37位 長野県 64.1分 秋田県 90.4分
14位 宮崎県 57.2分 滋賀県 85.8分 38位 山梨県 64.2分 長野県 90.8分
15位 青森県 57.9分 愛媛県 85.8分 39位 北海道 64.4分 栃木県 91.0分
16位 長崎県 58.0分 沖縄県 85.8分 40位 栃木県 64.8分 岐阜県 91.4分
17位 宮城県 58.2分 富山県 86.3分 41位 香川県 65.0分 福井県 91.9分
18位 京都府 58.3分 愛知県 86.5分 42位 高知県 66.1分 佐賀県 91.9分
19位 千葉県 58.7分 大阪府 86.7分 43位 大分県 66.3分 山梨県 92.2分
20位 福岡県 58.8分 神奈川県 86.9分 44位 秋田県 66.5分 群馬県 93.7分
21位 大阪府 59.2分 千葉県 87.1分 45位 富山県 67.4分 山口県 94.2分
22位 熊本県 60.0分 京都府 87.5分 46位 新潟県 68.9分 島根県 96.3分
23位 三重県 60.0分 香川県 87.8分 47位 岩手県 69.5分 鳥取県 99.1分
24位 茨城県 60.1分 埼玉県 87.8分

株式会社ウェザーニューズ(東証1部 <4825>)について

世界主要国 / 地域に29の営業拠点を持つ、世界最大の民間気象情報会社。
海、空、陸のあらゆる気象現象の世界最大規模のデータベースを有し、独自の予報により、航空、海運、流通、自治体などの各業務の問題解決情報を提供している。
一般個人に対しては、携帯電話、インターネット、BSデジタル放送等のメディアを通じて、個人の生活を支援する各種情報を提供。