発行日 : 2011年03月14日

2011年 第三回桜開花予想発表

西・東日本の桜の開花、過去5年で最も遅い見込み
~関東・近畿の開花は3月下旬がピークに~

・発表地点
   お花見名所660箇所、近所の公園1万箇所、各都市
   サポーターから要望があった木、約1万本
・予想内容
   開花日、5分咲き日、満開期間(満開開始日)、桜吹雪日
・インターネットサイトと携帯サイト「ウェザーニュース」で、最新の開花情報を毎日更新
・第四回桜開花予想発表は、3月22日(火)13時発表予定

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、桜シーズン到来に向けて、桜の名所や公園などを対象とした約2万箇所の桜の開花予想を発表いたしました。本発表は、見頃が短い桜の開花時期を事前に知ってもらうことで、“日本の桜”を楽しんでもらうことを目的としています。開花予想の対象の桜は、全国のお花見名所660箇所、近所の公園1万箇所、「さくらプロジェクト」に参加する一般の方の「マイ桜」約1万本です。開花予想にあたっては、過去7年間、一般の方から寄せられた140万通にもおよぶ桜の開花状況に関する膨大な“観察リポート”、先週全国で一斉調査した“つぼみリポート”、今後の“気象状況の予測”などをもとに算出しています。インターネットサイト「ウェザーニュース」内の「さくらCh.」及び、携帯サイト「ウェザーニュース」では、全国2万箇所の最新の開花予想(開花日、5分咲き日、満開期間(満開開始日)、桜吹雪日)を毎日更新し、気象条件によって左右されやすい桜の開花の最新情報を公開していきます。

株式会社ウェザーニューズ(東証1部 <4825>)について

世界主要国 / 地域に29の営業拠点を持つ、世界最大の気象情報会社。
海、空、陸のあらゆる気象現象の世界最大規模のデータベースを有し、独自の予報により、航空、海運、流通、自治体などの各業務の問題解決情報を提供している。
一般個人に対しては、携帯電話、インターネット、BSデジタル放送等のメディアを通じて、個人の生活を支援する各種情報を提供。