発行日 : 2011年10月11日

ウェザーニューズ、2012年の花粉飛散傾向発表

来春の花粉飛散量、全国的に今年より7割減少の見込み

~ 関東・北陸・東北は、例年並みの飛散量で一昨年より多い予想 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、10月11日(火)、2012年の花粉シーズンにおける全国および、各12エリアの“スギ・ヒノキ花粉”傾向を発表しました。本発表は、花粉症に悩む方にシーズンの花粉傾向を知ってもらい、早めの対策を取ってもらうことを目的としています。

来春の飛散量の傾向

酸性度調査結果

スギ花粉の雄花生産量は、前年の夏の天候との相関が高いことがわかってきています。よく晴れて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり、雄花の生産量が多くなると考えられます。2011年の夏は太平洋高気圧に覆われて晴れる日もあったものの、高気圧の勢力が弱まったり、前線や湿った空気の影響を受けたりして、西日本を中心に曇りや雨となる時期がありました。一方、東日本では西日本に比べると雨は少なく、よく晴れて暑い夏となりましたが、全国的な猛暑となった2010年の夏に比べると雲が多く、気温も低い傾向となりました。このため、スギ花粉の発生源となる雄花の量は2011年より少なくなり、2012年のスギ花粉飛散量は少なくなる見通しです。
また、多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉の飛散量は交互に増減する傾向があります。2011年の花粉シーズンは全国的に飛散量が非常に多くなったため、統計的に見ても2012年の飛散量は2011年より少なくなる見通しです。
北海道のシラカバ花粉も前年の夏の天候(おもに日照時間)に影響されます。2011年の夏は、晴れて暑くなる日が多くなりましたが、2011年の春は大量飛散となったため、2012年の飛散量は2011年よりも少なくなる見通しです。
さらに、スギ・ヒノキ林とスギの雄花の現在までの状況についても観測をしました。今年から新たに、取り入れたスギ・ヒノキ林の活性状況(光合成有効放射吸収率のデータを解析、詳細は下記参照)を観測した結果、2011年は2010年よりも全国的にスギ・ヒノキ林の活性度が低く、スギの雄花の量も少なくなる予想になりました。先週までに、全国のウェザーリポーターと花粉の発生源となるスギ雄花を調査した「雄花リポート」を見ても、昨年と比較して今年は雄花の数が少ないと感じている報告が多く、半分以下であるという報告も寄せられています。スギ花粉の発生源となる雄花のこの時期の成長具合は、花粉飛散量に大きく影響します。これらを総合的に考慮すると、2012年の花粉飛散量は、全国的に2011年よりも少なく、全国平均では2011年の約3割の飛散量となる予想です。過去の飛散状況を比較すると、比較的飛散量の少なかった2006年、2008年、2010年と似た傾向となる見通しです。また、ヒノキ花粉の飛散量は、スギ花粉の飛散量と傾向が似ており、2012年はヒノキ花粉の飛散量は少なくなる予想です。
なお、これまでに報告された症状報告を見ると、花粉の飛散量が少ない年は対策をしっかりすれば、比較的“楽に”過ごせるようです。2月以降は徐々に花粉飛散量が増えていくので、早めに事前対策を進めておくと良さそうです。

今夏のスギ・ヒノキ林の活性状況

酸性度調査結果

これまでスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測は、前年の夏の日照時間や気温データ、花粉飛散量の元となる雄花の生育状況などを調査して行ってきました。2012年の花粉シーズンの予想は、これらのデータに加え、実際にスギ・ヒノキ林にどれだけ多くの雄花が成長しているのか、全国の林の状況を、衛星データを利用して把握し、花粉飛散予測に反映する取り組みを新たに実施します。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同研究してきた「光合成有効放射吸収率(植物が光合成に有効な波長の光を吸収する割合:FPAR)」から解析したデータで、森林の活性度を示す指標です。この値が高いほど、植物は光合成を活発に行い、スギの雄花の量が多くなるとみられます。2010年と2011年のスギ・ヒノキ林の活性度の値をもとに全国のスギ花粉の飛散量を推定した結果、2012年の花粉シーズンは2011年に比べて飛散量が少なくなる予想になりました。なお、ウェザーニューズでは、衛星を用いた新たな予測方法を取り入れることで、これまで以上に精度の高い花粉飛散予測を目指します。

全国各地のスギの『雄花リポート』

携帯サイト「ウェザーニュース」および、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」には、「ウェザーリポーター」と呼ばれる会員がおり、「ウェザーリポーター」からは天気や体感などに関する様々なリポートが日々寄せられています。下記の写真は、「ウェザーリポーター」から寄せられた全国の『雄花リポート』で、これらの情報は、きめ細かい貴重な実況値として、飛散予測などに役立てられています。9月24日~10月10日の間に募集した『雄花リポート』を見ると、全般に昨年よりも少ない傾向にあるようです。また、雄花の量は昨年の半分以下、1/3程度という報告もあり、このことからも2012年の花粉飛散量は2011年よりも少なくなると予想します。

エリア 各エリアのスギ・ヒノキ林の活性度(2010年比) 雄花リポート
関東
今の所、昨シーズンの1/3くらいの数にとどまっています(9月17日 神奈川県藤沢市 空詠み神寄らそさん)
近畿
今年の杉の雄花の数は、去年より少ないです(10月1日 兵庫県神戸市 ラズベリー@神戸さん)
東北 北陸・長野 東海・山梨

雄花は去年よりだいぶ小さくて数も少なめ(ごえもんさん)

昨年の3分の1ぐらいです。雄花が付いている枝も少なめ。(ねこにゃんwith softbankさん)

出来てるの半分、枝に何も着いてないの半分くらいでしょうか(まあちゃんさん)
9月27日 岩手県北上市 9月26日 福井県福井市 9月25日 三重県松坂市
中国 四国 九州

昨年と同時期に比べるとかなり少なく、1/3~1/2です(:チャッピーさん)

雄花ができていましたが、数は少なめです(くまっこさん)

例年より小さめ。しかも、雄花が出来ている範囲が狭いように感じます。(あっきぃさん)
9月26日 広島県福山市 9月25日 愛媛県久万高原町 9月25日 鹿児島県南さつま市

エリアごとの花粉飛散予測

各エリアの傾向
エリア

スギ・ヒノキ花粉量

(昨年比)

過去7年の花粉飛散量と

2012年の予想花粉飛散量
北海道 30%(※シラカバ花粉)
シラカバ花粉の雄花の生産量は、スギ花粉と同様に前年の夏の天候との相関が高いことがわかってきています。2011年の夏は2010年と比較して晴れた日はやや多くなりましたが、記録的な猛暑となった2010年ほどの暑さはありませんでした。また、シラカバ花粉もスギ花粉と同様に、多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少ない翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があります。2011年の花粉飛散量は近年の中でも最も多くなり、2012年は裏年にあたるため、花粉の飛散量は2011年の30%程度となる見通しです。
東北北部 40%
2011年の夏は、猛暑となった2010年の夏には及ばないものの、晴れて夏らしい日が多くなりました。このため、スギ雄花の生育には好条件となりました。ただ、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。また、光合成有効放射吸収率から判断すると、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でもスギの雄花が2010年より少ないという報告が届いています。

これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は少なくなる予想で、少ない県では2011年の20~30%程度で、最も多い県でも2011年の60%以下となる見通しです。
東北南部 40%
2011年の夏は、猛暑となった2010年の夏には及ばないものの、晴れて夏らしい日が多くなりました。このため、スギ雄花の生育には好条件となりました。ただ、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。また、光合成有効放射吸収率から判断すると、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でもスギの雄花が2010年より少ないという報告が届いています。
これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は少なくなる予想で、少ない県では2011年の20%程度、多い県でも50%程度となる見通しです。
関東 30%

2011年の夏は、猛暑となった2010年の夏には及ばないものの、晴れて夏らしい日が多くなりました。このため、スギ雄花の生育には好条件となりました。ただ、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。また、光合成有効放射吸収率から判断すると、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でもスギの雄花が2010年より少ない、半分以下という報告が届いています。 これらを総合すると2012年のスギ花粉の飛散量は、2011年より少なく、20~40%となる見通しです。

北陸・甲信北部
(甲信北部は、

長野県北中部)
30%
2011年の夏は、猛暑となった2010年の夏には及ばないものの、晴れて夏らしい日が多くなりました。このため、スギ雄花の生育には好条件となりました。ただ、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。また、光合成有効放射吸収率から判断すると、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でもスギの雄花が昨年の半分以下という報告が届いています。 これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、20~40%となる見通しです。

東海・甲信南部
(甲信南部は、
長野県南部と

山梨県全域)
30%
2011年の夏は、猛暑となった2010年の夏には及ばないものの、静岡県など東部のエリアほど晴れて、夏らしい日が多くなりました。このため、花粉の発生源となる雄花の生育には好条件でした。ただ、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。また、光合成有効放射吸収率から判断すると、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」からも花粉の飛散量は少なくなることが推察できます。
これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、20~40%となる見通しです。
近畿 40%
2011年は夏らしく暑い日が多くなりましたが、猛暑となった2010年よりも晴れた日は少なく、花粉の発生源となる雄花の生育は抑えられる条件となりました。また、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。光合成有効放射吸収率から判断しても、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でも、スギの雄花が2010年より少ないという報告が届いています。 これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、40~50%となる見通しです。
山陰 30%
2011年は夏らしく暑い日が多くなりましたが猛暑となった2010年よりも晴れた日は少なく、花粉の発生源となる雄花の生育は抑えられる条件となりました。また、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。光合成有効放射吸収率から判断しても、飛散量は少なくなる傾向があります。さらにサポーターから寄せられる「雄花リポート」からも花粉の飛散量は少なくなることが推察できます。
これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、20~50%程度となる見通しです。
山陽 40%
2011年は夏らしく暑い日が多くなりましたが、猛暑となった2010年よりも晴れた日は少なく、花粉の発生源となる雄花の生育は抑えられる条件となりました。また、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。光合成有効放射吸収率から判断しても、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でも、スギの雄花が2010年より少ない、半分以下という報告が届いています。

これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、30~50%程度となりそうです。
四国 30%
2011年は夏らしく暑い日が多くなりましたが、猛暑となった2010年よりも晴れた日は少なく、花粉の発生源となる雄花の生育は抑えられる条件となりました。また、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。光合成有効放射吸収率から判断しても、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でも、スギの雄花が2010年より少ないという報告が届いています。
これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、20~40%程度となりそうです。
九州北部 30%
2011年は夏らしく暑い日が多くなりましたが、猛暑となった2010年よりも晴れた日は少なく、花粉の発生源となる雄花の生育は抑えられる条件となりました。また、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。光合成有効放射吸収率から判断しても、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でも、スギの雄花が2010年より少ない、半分以下という報告が届いています。
これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、20~40%程度となりそうです。
九州南部 30%
2011年は夏らしく暑い日がありましたが、晴れた日は過去7年間の中でも少ない傾向で、花粉の発生源となる雄花の生育は抑えられる条件となりました。また、花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少なく飛散した翌年は飛散量が多くなったり(表年)と交互に増減する傾向があり、2012年は裏年にあたります。光合成有効放射吸収率から判断しても、飛散量は少なくなる傾向があります。さらに、サポーターから寄せられる「雄花リポート」でも、スギの雄花が2010年より少ない、半分以下という報告が届いています。
これらを総合すると、2012年のスギ花粉の飛散量は2011年より少なく、20~40%程度となりそうです。