weathernews

ウェザーニューズの Possible Winner 採用

How Much の前に How Wonderful

ウェザーニューズでは新しいサービス・インフラを提案することを How Wonderful提案といいます。一般的には投資提案といわれ、いくら利益が出るのかが重要視されがちですが、私たちはそのサービス・インフラを提供することによってどんな素晴らしい価値が生まれるのか、どのような人たちの役に立つのか、これをまず初めに重要視するべきだと考えています。

 気象情報は気象庁のみによって提供されていた時代、私たちは価値ある気象サービスは必ずビジネスになると考え、1986年に民間気象会社ウェザーニューズを設立し、その後世界で初めて民間気象市場の開拓をしてきました。

 今後も全世界75億人の情報交信台を目指し、How Wonderfulなサービス・インフラを創造していきます。

 新しいことをチャレンジしたい人にとって、ウェザーニューズが扱う気象というまだ多くの未知なる領域を持ったこの市場はいつまでも楽しめる魅力的な分野です。

75億人の情報交信台を目指して頑張ろう。
   
代表取締役社長 草開千仁


WNIとは何か

 ウェザーニューズは、5象(気象・地象*・海象・水象・宙象)分野に関するコンテンツを、自ら主体的にデータを収集、解析、配信することを目指しています。そのために、当社が達成すべきミッションは、次の5つであると考えています。
*地象とは、地震・火山・津波などの地面および地中の諸現象に関する領域のことをいいます。
  1. 全世界75億人の一人ひとりとともに、最多、最速、最新の気象およびその対応策コンテンツサービスを創造し、提供する世界最強の「気象コンテンツメーカー」になること。
  2. 気象コンテンツ市場のフロントランナーとして、独創的に新たな市場を創造しながら、「サポーター(個人・企業)との価値創造」と「企業価値の最大化」を実現すること。
  3. 気象をベースに、気候変動、そして環境分野(エネルギーや食料など)まで領域を広げ、サポーターとともに、新たな価値創造(ことづくり)を実現すること。
  4. サポーターが、観測および感測(Eye-servation)、予報、配信に参加する世界初の双方向型の気象情報交信ネットワークを本格的に軌道に乗せ、従来の気象のあり方を革新的に変えること。
  5. 常識にとらわれない革新的なインフラ(センサー等)を積極的に開発し、利用することで従来にないコンテンツをサポーターに提供すること。

当社グループの基本コンセプトは、気象から気候変動、環境分野に関するあらゆるコンテンツを、自らがセンサー開発及びデータ収集を行い、これらビッグデータをLAPLACE解析(弊社独自のAI技術)し、衛星を含むGlobal Networkを通じてリアルタイムに配信する「フルサービス・ウェザーカンパニー」となることです。

 気象と相関性の高いビジネスデータを解析し、気象リスクを最も低くするための対応策(Solution) をあらゆる分野にて提供ができるRisk Communication Contents Companyとなり、多くの新しい市場とサービスの立ち上げを目指しています。

Vision

 世界では、自然災害により毎年何万人もの命が失われ、様々な産業において多大な経済的損失も生じています。また、地球温暖化が原因とも言われる急激な気候変動により、私たちが経験したことがない気象や気候変動による世界中の経済活動や生活への影響が増大すると言われています。こうした状況に対応するためには、公共機関だけではなく真に利用者側に立った民間のサービスが必要不可欠です。

当社では、民間気象会社として「75億人の情報交信台」という夢を掲げ、気象が 「水、電気、交通、通信」に続く第5の公共資産=公共インフラであると考え、世界中のあらゆる企業、個人の生命、財産に対するリスクを減らし、安全性や経済性を高める気象サービスを目指しています。また、その実現にあたって、サポーター自身が主体的に気象の観測、感測、分析、予測、配信、共有に参加し、当社とともに価値を共創し、新しい気象サービスのあり方を追求していくことで、社会や地球環境に貢献していきます。