Card image

アプリ基盤
開発担当

入社 16年目

中村 恵子

アプリ基盤
開発担当

入社 16年目

中村 恵子

アプリ基盤
開発担当
入社 16年目
中村 恵子

あなたをひとことで表すと?

いわゆるAB型。意外と体育会系。

現在の仕事内容は?

WRAP(WNI Rich Application Platform)の開発をしています。WRAPとは、アプリケーションを構築する上で、その特殊性を意識せずに構築できるプラットフォームのことです。

ウェザーニューズに入社してどのような仕事をしてきましたか?

リスクコミュニケーター→予報センター→開発→予報センター→開発→ウェザーニューズを一時離れて戻る→モバイル・Web開発→WRAP開発

以前は、気象に関するコンサルティングを行うリスクコミュニケーターや予報センター、開発を行っていました。その後、ウェザーニューズを一時離れました。しかし再び戻ってきて、モバイル・Webなど様々な開発の仕事をしています。

開発を行う上で大事にしていることはありますか?

一番大事にしているのは開発メンバーの個性です。要件や仕様を基に開発をし、最終成果物が本当に目的を叶えているか、ということももちろん当然のこととして気にしています。

 ただ、実際に開発していく過程で、要件や仕様などには不確定要素もありますし、設計や実装の過程では難しい局面も出てきます。そのようなときに、誰かの思わぬ意見やアイデアで乗り越えられることは多いです。三人寄れば文殊の知恵ですね。「誰もがお互いに何でも言い合える雰囲気」を大事にしていると、結果として、開発スピードや創造性が高くなるように思います。

これが私の10数年の開発経験を経て、今一番気にしていることです。